ボールドマーカーネオは強い?弱い?初心者向~中級者向けに使い方と立ち回りを解説!

目次

メインの基本性能

有効射程1.6確定数維持射程1.5
レティクル反応距離1.5塗り射程3.0
拡散12.0°ジャンプ中拡散18.0°
ダメージ
(対応経過時間)
38.0~19.0
(6F~22F)
確定数3~6
連射フレーム5F(0.083秒)秒間発射数12.0発/秒
キルタイム0.183秒/killDPS456.00/秒
射撃継続時間10.417秒射撃後隙2F(0.033秒)
射撃前隙(イカ)9F(0.150秒)射撃前隙(ヒト)2F(0.033秒)
インク消費量
(装弾数)
0.80%
(125発)
射撃時ヒト速0.80
インク回復不能時間15F(0.250秒)非射撃時ヒト速1.04
単発塗りポイント5.7pイカ速2.02
インク効率(ダメージ)4750 / 41.7killインク効率(塗り)710p
https://wikiwiki.jp/splatoon3mix/ブキ/ボールドマーカー

サブウェポンとスぺシャルの相性

ビーコン

スプラトゥーン2でもボールドマーカーネオについていたサブです。

ビーコンを立てるいわゆる田植えが好きなプレイヤーが多かったので前作プレイヤーからすると喜ばしいことだと思います。

デスも多くなりやすい武器なのでビーコンとの相性は比較的良いといえます。

ただ、無印のボールドマーカーのカーリングボムがなくなっているので機動力はがっつり奪われています。

高度なキャラコンや詰めるタイミングを見誤れないなど、総じて無印に比べて上級者向けの組み合わせになっています。

メガホンレーザー5.1ch

ロックオンした敵を最大6本のレーザーで攻撃できるスペシャルです。

全武器の中で1番射程の短いボールドマーカーが1番射程の長いスペシャルを持つことになります。

せっかく長いレーザーの射程があってもメインと絡めてキルを取るのは難しいです。

ボールドマーカーはメインが届く距離であれば一瞬で決着が着きます。

そのため、メインを当てるためにどうするか?という考えで使うことがオススメです。

例えば長射程に使ってポジションから引かせつつ、その間に相手の高台の下まで潜り込んで潜伏。

レーザーだけでキルを取るのは相手に依存することが多くなるので使い方を考えましょう。

立ち回り

メイン・サブ・スペシャルすべてにおいてシナジーはないと言えます。

といって相性が悪いわけではなく、相性がないといった方が適切かもしれません。

お互い役割が独立しているので、あらかじめ理解しておきましょう。

唯一、合わせて使えるのがメガホンレーザーを目くらましとして使う方法です。

メガホンのダメージとメインのダメージを合わせてキルを狙うようなシナジーはありませんが、メガホンレーザーは使うだけで視界を奪うことができます。

それを利用して相手陣地に詰めていく動きをしましょう。

スペシャルを貯めて、詰める。

スペシャルを貯めて、詰める。

この繰り返しで戦うことを意識しましょう。

また、無理に詰めることはせず、メガホンレーザーで相手を削ったり、位置を把握することに努めましょう。

サブがビーコンということもあり、自分自身でキルを取りまくる動きよりも味方のサポートをするのに向いた組み合わせになっています。

似たような立ち回りができる武器にスパッタリーがあります。

スパッタリーはスライドができる分詰めやすいです。

しかしながらサブはビーコン、スペシャルはエナジースタンドで、合わせてキルを狙うのは難しい武器になっています。

そのスパッタリーの使用率が高くないことからも、短射程がメインだけで戦うことの難しさは高いと言えます。

メガホンレーザー自体が弱いわけではなく、ボールドマーカーの弱みを補填する役割はできないということだけ覚えておきましょう。

評価

総合評価
( 2.5 )
メリット
  • ビーコンを持っているので味方のサポートができる
  • メガホンレーザーで相手を削ったり、位置を把握することができる
デメリット
  • 無印に比べて自分でキルを取りにくい
  • 射程が短いので位置がばれると無力
  • サブに攻撃力がないので打開時にやることが本当にない

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次