シャープマーカーネオは強い?弱い?初心者向~中級者向けに使い方と立ち回りを解説!

目次

メインの基本性能

有効射程2.4確定数維持射程2.2
レティクル反応距離2.0塗り射程3.2
拡散0.0°ジャンプ中拡散0.0°
ダメージ
(対応経過時間)
28.0~14.0
(4F~20F)
確定数4~8
連射フレーム5F(0.083秒)秒間発射数12.0発/秒
キルタイム0.267秒/killDPS336.00/秒
射撃継続時間10.417秒射撃後隙3F(0.050秒)
射撃前隙(イカ)10F(0.167秒)射撃前隙(ヒト)2F(0.033秒)
インク消費量
(装弾数)
0.8%
(125発)
射撃時ヒト速0.72
インク回復不能時間20F(0.333秒)非射撃時ヒト速1.04
単発塗りポイント3.9pイカ速2.02
インク効率(ダメージ)3500 / 31.3killインク効率(塗り)490p
https://wikiwiki.jp/splatoon3mix/ブキ/シャープマーカー

サブウェポンとスぺシャルの相性

キューバンボム

スプラトゥーン2ではシャープマーカーネオにキューバンボムラッシュがついていました。

それが今作ではサブに付く形となっています。

使い勝手が良く、爆発まで2秒かかる為、敵の動きを制限したり、ポジションへの居座りを抑制することができます。

シャープマーカーとの相性は良いと言えます。

メインの射程が短いので長射程への圧力をかけるのが難しいですが、キューバンボムでしっかり高台への圧力をかけることができます。

トリプルトルネード

ver.2.1.0のアップデートで攻撃力と爆風の範囲が大きくなり、環境でも見かけるようになったスペシャルです。

範囲が10%大きくなり、ダメージが50%も上がり、バリアやナイスダマ、カニタンク、ホップソナーを1撃で破壊することができます。

対スペシャルの性能も高いスペシャルです。

シャープマーカーは塗りが強く、トリプルトルネードは使ってからすぐに貯めることができるのでスペシャルを回しまくる動きができるので相性はいいでしょう。

キルにも塗りにも使え、相手のスペシャルを潰すためにも使えるので使い手次第で可能性が広がります。

また、Xマッチの仕様上、同じ武器種が分かれるようになっているので相手に無印のシャープマーカーが来た場合、猛威を奮っているカニタンクをメタることができるのも強みと言えます。

立ち回り

無印のシャープマーカーがクイックボムとカニタンクという攻撃的な組み合わせに対して、

シャープマーカーネオはキューバンボムとトリプルトルネードと盤面の管理に優れた組み合わせになっています。

立ち回りは大きく変わりますが、どちらも強みのある武器なのでシャープマーカーが好きな人は選択肢が増えたと言えます。

シャープマーカーほどゴリゴリと前に出る立ち回りよりも、しっかり塗り広げ、キューバンボムやトリプルトルネードで圧力をかけつつ、有利になったタイミングで前にでる動きが強くなるでしょう。

現状スプラシューターコラボがスプラッシュボムとトリプルトルネードの組み合わせになっており、攻撃力はコチラが高くなります。

スシコラの劣化にならないように塗りの強さを活かしつつ、ヤグラなどのオブジェクトにキューバンボムを投げ続け、キル以外の仕事も意識することで強みを活かしましょう。

スプラシューターと比べて軽量武器になりますので扱いやすさは抜群です。

評価

総合評価
( 4 )
メリット
  • メイン・サブ・スペシャルすべて塗り性能が高い
  • 盤面を管理する能力が高いのでどんな編成にも組み入れやすい
  • 軽量武器なので動き回りやすい
デメリット
  • 無印に比べると、キル能力は落ちるので1人で何とかしにくい
  • 使い方によってはスプラシューターコラボの劣化になる

当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次